無料CP終了です。その他と今後の予定

魔女の大暗号も無料キャンペーン終わりました。
無料キャンペーンの感想についてはまた後日

というか終わらせました。

目標数であった200を超えたことと、キンドルアンリミテッドの掲載場所がよかったので、

これ以上はあまり意味ないと判断し、キャンペーンを途中で終了させました。
ご了承ください。

で、出版後に多くのミスがありました。現在修正完了してます。ただその修正版を読むにはサポートに問い合わせる必要があるようでお手数をおかけします。
毎回のことで申し訳ございません。

とくに出版の度に、ダウンロードしてくださって、読んでくださって、感想までいただきおまけに誤字脱字などもご指摘くださる、中尾勇太様。いつも本当にありがとうございます。神です神!
しかもブログのデザインが一緒という奇跡。中尾さまのTwitterはこちら。

それから戸松さんにも色々と教えていただいていつも本当にありがとうございます。


やっぱり何度もなんども読むと読んだところは思い込みで読んでしまって誤字脱字に気づかない。八槻もやりとりしながら少し文章を手直しするようで、南郷はきづかなかったりします。
ごめんなさい。


さて、これからのN-angou文庫の予定ですが、
今のところ未定です。

本来N-angou文庫は八槻が出版社で出版できなかったものをKDPで出すというものでしたから、
魔王城殺人事件が次回の予定でしたが、どうしても優先順位は低いです。

おそらく合間に書くということになるでしょうが、天空城殺人事件の続編の魔王城殺人事件のプロットは見ましたが、これまた小難しく何度も休憩を挟みながら書いていくことになるんじゃないかな。

今年中に発売できれば御の字といったところかな。






値下げのその後

魔女の大暗号無料キャンペーン中ですが、それだけではなんなので、

魔女の大暗号 (N-angou文庫) -
魔女の大暗号 (N-angou文庫) -



以前、オカルトトリック、天空城殺人事件の価格改定を行なったその後についてちょっと簡単に。
(知りたい人もいるでしょう!)

とまあ、まず始めになんで価格引き下げをしたとのか説明すると、単純に有料が売れなかったから。全くこれっぽちも。
ほかのKDP作家さんのブログを拝見するかぎりちょっと売れなさすぎている気がしました。KENPはけっこうよかったけれども。

お正月フィーバーが終わった後、一月、オカルトトリック(300円)が一冊、天空城殺人事件(260円)が三冊(うち一冊が払い戻し)だけ。


kENPは五桁超えてるのにそんな具合だったので、
しかも有料が売れないと掲載場所がどんどん悪くなる。
これは死活問題でなんとかする必要がありました。


ということで、八槻の許可も取り、99円にせっていしました。
売り上げ数で掲載場所がよくなると思って。

で、実際どうなのかというと分かりません。
売り上げ金額で場所が決まるかもしれませんし、KENPも多少影響してるのかな。
その後の一ヶ月は99円にしても月にどちらも平均十冊。

とまあ、KENPがよくならなければ何冊売れても一緒。一冊35円くらいの収入だからね。

これが、値下げご90日の天空城殺人事件の絹布のうごき。

2017年4月30日天空城殺人事件.png


オカルトトリックもこんな感じ。
これがお正月フィーバーを経験しなかったら健闘しているなと思えるのですが、
1日で5000KENPを記録していたのを考えると寂しい数字です。

とまあ、値下げでは踏ん張れませんでした。
もしかしたら安いことでお客さんに逃げられたこともあるかもしれません。
キンドルアンリミテッドなら無料だからね、高い方を手に取るかも。

おまけに表紙リニューアルと重なっているのではぎや様にも申し訳ないです。

それから、前の記事でオカルトトリックのKENPとか記載しましたが、かなりボリュームがあっての99円。
これは価格破壊というか、他の作家さんに迷惑をかけてるかもしれません。実際そういうご指摘も改訂後にありました。特に芸人絵本作家さんが話題になってるときにね。

しかし値下げしたものをまた戻すというのもちょっと勇気がいるし。
もどしたらまた有料が売れないしで、傍観してました。
まあ、そもそも無料で本(客寄せ用で)を出している方もいるし、いいかなとは思ってましたが。



値下げや最低価格での出版はN-angou文庫はあまり効果がありませんでした。まる
一つだけ言えることは、値段を下げると上げにくいということ。




魔女の大暗号無料キャンペーン中

魔女の大暗号 (N-angou文庫) -
魔女の大暗号 (N-angou文庫) -

キンドル「魔女の大暗号」無料キャンペーン

魔女の大暗号引き続き無料キャンペーン中です。

魔女の大暗号 (N-angou文庫) -
魔女の大暗号 (N-angou文庫) -


オカルトトリックとトキシック、天空城殺人事件のは先ほど終わりました。
大健闘と個人的には思ってます。

で・・・Twitterで後数時間でCP終わるといいながら実はもう1日有りました。
十七時開始だから、6日間(実質五日)なんだよね。ごめんなさい。
そういう細かいところアホの南郷は気づかないんだよねー。

とまあ、無料キャンペーンについては魔女の大暗号が終わり次第、まとめというか総括というのか、

そう言うの書きます。無料キャンペーンの効果が気になる方もきっといるでしょうから。
(南郷がとくにそう!ずいぶんするか迷ったから)

それからブログを少しリニューアルしました。ほんの少しね。スマホ版はさわり方が分からずしてないけど、

パソコン版にリンクとラインナップを右に置きました。
これで記事ごとにAmazonへのリンクをつける頻度を減らせるかな。

そんで、
はぎや様とhnrfxm様のことが尋ねられることが多いのでサイトの方を記載してます。

よろしくお願いします。

N-angou文庫についてちょっと

南郷と八槻がどうやってやり取りしているのか

もしかしたら気にしている人がいるかもしれないので簡単に言うと、

まず南郷は八槻からノートパソコンを受け取りました。古いやつ。去年の九月くらいに。キーボードはすれて文字が見えないくらい古いやつ。

なぜくれた勝手言うと、一太郎というソフトが入っているから。2015のやつだけど。


で、
これで文章の校正チェックだったり、EPUBファイルの作成してます。

dropboxというファイル共有ソフトを使って、

八槻が保存したもの(一太郎ファイル)とかが、南郷のパソコンのドロップboxに更新されてるって分け。

そんで南郷が暇の時は、読んでる。感想くらいしか言わないけどね。

八槻は傷つきやすいからね。

KENPについてちょっと検証のようなものをしてみたよ

無料キャンペーンの宣伝ばっかだったので、

ちょっとKENPについて検証というか、調べてみた。
ちなみに

オカルトトリック600KENP キリが良いね
天空城殺人事件 445kenp これもキリが良いかも
魔女の大暗号 533けんぷ 悪くはにあ
トキシック 270 うんいいね

とまあかなり開きがあるのだけど、正直オカルトトリックにそんなにボリュームがあるとは思ってなかった。
魔女の大暗号の方がはるかに多いと思ってた。

で、天空城殺人事件とオカルトトリックに150ものひらきがあるなんてまさかだね。
トキシックを出したときにあまりにけんぷが少なくてびっくりしたけどオカルトトリックが大きいかっただけだったんだ。

で、ちょっと気になったのが、

商品説明欄のところにある「紙の本の長さ」というのでは、
オカルトトリック271ページ、
天空城殺人事件261ぺーじ、
魔女の大暗号は発売してすぐだからと思うけど記載なし追記304ぺーj
トキシックは133ぺーじ。

これみて南郷は天空城殺人事件のKENPが間違っているんじゃない買って思ったんだけど、

サポートさんに問い合わせる前に冷静なって

文字数や原稿用紙換算枚数?というやつでみると、
オカルトトリックが突出している。


2017年4月30日KENPについてツラツラと.png


わかりにくいから急ごしらえでして見たよ。

だいたいKENP/原稿用紙換算枚数0.8くらいで、1KENPなのかなあ。

と、ここまでやっててなんだけど、
もしかして答えどこかに書いてあるのかな。

昨日色々知らないことがわかって、ガイドラインとか見たけど、なかったとは思うけど

電子書籍「魔女の大暗号」ライトノベル無料ランキング一位

きづいたら一位になってました。ライトノベルカテゴリで・・・・・

2017年4月30日九時ランキング.png

コウエイだけど
魔女の大暗号、ライトノベルじゃない!
ファンタジーカテゴリ二位、児童書読み物カテゴリ(これもおかしいが)で二位

そんで、オカルトトリックと天空城殺人事件はライトノベル!
はやくライトノベルカテゴリにいれ欲しい。申請から1日くらい立ってるけどまだならず。

カテゴリの件は毎回悩まされるね。

戸松さんから教えていただきましたが、どうも商品説明とか描き直したり、アプしなおすとカテゴリがおかしくなることもあるとのこと。

貴重な情報いつもいつもありがとうございます。

他にも、無料キャンペーンの記載もだめだとのこと。無料で検索して引っかかるから。公式サイトの記載もダメ。値段も書いたらダメ。南郷ずっと違反をしてました。申し訳ございません。


で、無料キャンペーン中だし、あまりさわってカテゴリがへんになるとね・・・

カテゴリがまだましな(三つのカテゴリに入ってる。一つは正解)魔女の大暗号以外は修正してますが


終わるまでは修正しないようにします・・・・だめかな。
修正しました!



まだまだ無料キャンペーン中です。暇つぶしにどうでしょうか。


N-angou文庫の作品全作無料キャンペーン

無料キャンペーンについて

現在全作無料キャンペーン中ですが、

いつものようにKENPが伸びてます(ややのび)。嬉しい。

無料配布の効果はやはりこれが一番で、

おそらく無料キャンペーンが終わってもいくらかは残っているんじゃないかなと。

どうやら好調なのはオカルトトリック。天空城殺人事件の1.2倍くらいはダウンロードされるかと。

魔女の大暗号も結構いい出足。こちらは電書ちゃん さんにお願いしたのが大きい。いつも本当にありがとうございます。

八槻翔の三作品は結構いいみたいね、文学の無料ランキングで三作とも30以内に入ってる。
小手川小鞠のトキシックも悪くはない。

ダウンロードされたかたありがとうございます!


そんで、オカルトトリックのシーンとかを思い出して読み返したんだけど、

やっぱり南郷はオカルトトリックが一番好きだな。

魔女の大暗号はちょっと小難しくて、読むのも体力を使う、コーヒーとチョコレートがいる。おもしろいけどきっと万人受けはしない。

でオカルトトリックだけど、

オカルトトリック (N-angou文庫) -
オカルトトリック (N-angou文庫) -

ライトノベルと一般の中間。八槻がライトノベルから一般向けのものに書くものをかえたちょうど転換点の作品だと南郷は勝手に思ってます。

ライトノベル要素と一般向けの要素が上手く馴染んではいないけれど、上滑りしているような場面や台詞があるけど、瞬間瞬間に切れ味があって物語に飲まれたりする。

単純にキャラクターがいい。主人公の禅くんと凛ちゃん。この二人は最高の関係で南郷のお気に入りです。

続きがあるなら読みたいけど、きっと八槻は書かないでしょう。書いても同じ雰囲気を出せるか。魔女の大暗号くらいかったくるしくなると、それまた別の作品だし。

とまあオカルトトリックを読んでから天空城殺人事件、特に魔女の大暗号だと読者の人もちょっと肩すかしみたいにならんかしら。




あ、まだまだ無料キャンペーン中ですよ

ゴールデンウィーク暇があるならばぜひダウンロードされたし!

飛びます

キンドルダイレクトパブリッシング「魔女の大暗号」無料キャンペーン開始!

無料キャンペーン開始されました。

この機会にぜひどうかウンロードしてください。

三六十円が無料になってます。値段の八槻の意向もあって値上がりしても下がることはありませんのでぜひぜひ


とりあえずダウンロードするだけでも(後で読んでくれれば)


簡単に紹介

架空の国で起こる暗号暗躍劇。魔女と鬼の物語。

ボリュームもたっぷりですんで、ゴールデンウィークに読んでいただければ


魔女の大暗号 (N-angou文庫) -
魔女の大暗号 (N-angou文庫) -

Kindle本、無料キャンペーンと新作発売のお知らせ

オカルトトリック、天空城殺人事件の無料キャンペーンが3日目に突入しました。

オカルトトリックの方が少しダウンロードが多いようです。

これでいいレビューがいただけたら最高です。



さて、魔女の大暗号も明日一七時より無料キャンペーンします。

もちろんKindleアンリミテッドで読んで貰ってもいいですよ!


例によって、発売後すぐは変なカテゴリ(経済)に入ってますが、

ジャンルは、魔法のないファンタジー、広義の意味でのミステリー、という感じですかね。

どうぞこちらもよろしくお願いします。

ミスがなければいいけど、そればっかり南郷は心配してる。



ラインナップはこちら

24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ