魔王城殺人事件の発売

魔王城殺人事件: ~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。②~ (N-angou文庫) -
魔王城殺人事件: ~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。②~ (N-angou文庫) -

なかなかレビュー中の文字が消えずやきもきしてましたが、
昨日の朝にキンドルストアにならんだようです。
今までが早かっただけで、72時間以内とかいてありますから、でに今まで遅くても8時間くらいでしたから、南郷はそのつもりでいて、お知らせしてたんですが、日ををまたいでしまいました。

しかも、原稿にミスがあって、無料キャンペーンの申請の前に、原稿の差し替えの申請をしたために再びレビュー中となって、まあ、とにかく、
無料キャンペーンはまだできません。
すみません・・・。これも全て南郷が無能のせいです。
なるべくはやく告知して、有料でも買ってくれるお客様に嫌な思いをさせないようにとなるべく早く告知してましたが、申し訳ないです。
商品説明欄に発売後すぐに無料キャンペーンしますと書ければ良いんだけど、ダメなので、どうしたらいいでしょう。


追い込み中です

ども南郷です。

もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。~二作目である「魔王城殺人事件」ですが、
もう少しで発売の準備ができます。

初稿は終わり、現在ブラッシュアップ中。
南郷も何度も何度も読んでます。

それで
いくつか課題が残っていて、これらがクリアできれば発売となります。

お待ちいただいている方、すんません。
もう少しお待ちを!

ちなみに発売後すぐに無料キャンペーンの申請をしますので、
ご注意ください。


価格は「99円」の予定です。
よろしくお願いします。

そういえば

いつも張っていた売り上げを先々月くらいから張るのを忘れてました。

どうも先月の売り上げは見れても先々月のは詳しくは見れないし、スクショ取ってないしで、張れません。
楽しみにしている希有な人はいないと思いますが、すんません。
南郷の自己満足みたいなもんなんで、これからも張らなくて良いかなあと。
気が向いたら張ります。


とまあ、プライムリーディングなんですが、
赤井五郎さんがブログでおっしゃってましたが、どれくらいダウンロードされているのか分からない。

南郷も不便というか、もどかしさを感じてます。
せっかくランキングにのっても、一位になっても、どれくらいダウンロードされているのかわからんのですから。売り上げとかで一喜一憂している南郷には残念な仕様です。


まあいい惹句をもらえたのでよしとしましょう。使えるものは使っておきます。


【プライムリーディング】天空城殺人事件 
Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル
ライトノベル部門一位! SF・ホラー・ファンタジー 部門一位!
【プライムリーディング】オカルトトリック Kindle有料ダウンロードランキング ライトノベル部門 最高位一位!
 


てな感じでね。

プライムリーディングのその後とか

ども南郷です。

プライムリーディング始まってから、
「天空城殺人事件」「オカルトトリック」
有料ダウンロード好調です。


初日、二日目と払い戻しが多かったのであまり喜んではいなかったのですが、
おすすめに掲載されるなど、その後プライム会員以外の方の目に止まる機会が多くなったためか、

今月の有料ダウンロード数は、間違いなくN-angou文庫の記録を更新するかと思います。
払い戻しも全くないわけじゃないけど、許容範囲。


が、一方で、KENPですが、あまり伸びません。
無料キャンペーンの方が遙かに恩恵があるかなあという感じです。
キンドルアンリミテッドとプライムリーディングで食い合っているというわけじゃないでしょうけど。


それから
気づけば

1011s.png

天空城殺人事件、SF・ホラー・ファンタジーのカテゴリでベストセラーの称号をいただいてました。
ありがとうございます。


さてさて新作の「魔王城殺人事件」ですが、ようやく推理パートに突入しました。
ここが最大の見せ場。序盤からやや低調気味だったけれど、盛り上げてくれてます。南郷的には面白いです。


いつ頃完成か、南郷の予想は言わないでおきます。外れることが多いからね。
気長にお待ちいただければ。
よろしくお願いします。


お久しぶりです。プライムリーディングやら

南郷です。仕事が忙しくて更新ができず申し訳ございません。

八槻の方もご家族や親戚のことでかなり苦しんでいるようなので、
新作の方も気長に待っていただければ幸いです。


プライムリーディングが始まりましたね。
簡単に言ってしまえば、amazonプライム会員ならば対象の本が読み放題という仕組み。
実の所、南郷もプライム会員なのでいくらか読みました。

対象となる本は定期的に変わるのだそう。

N-angou文庫からは、「オカルトトリック」「天空城殺人事件」が光栄なことに選出され、サービスの初期ラインナップに加わっています。
おそらくプライムリーディングの仕様なのでしょうが、ライトノベルのベストセラーの称号?をまずオカルトトリックに頂き、現在は天空城殺人事件に移り変わり、N-angou文庫としては狂喜乱舞しそうなくらいであります。たくさんのダウンロードありがとうございます。

016.png

まあ、どれくらいダウンロードされているのかはわからないんですけどね。

どこまで語って良いのか分かりませんが、このプライムリーディング、
有料販売やキンドルアンリミテッドなどで読まれたりするのとは違って、どれだけダウンロードされても、どれだけ読まれても、お金は入ってきません。

決められた一定の報酬が、終了後に支払われる仕組み。おそらく金額は一律でしょうが、微々たるモノ。掲載期間を考えれば、損なのか得なのかわからない塩梅のところを突かれてます。

実際、ここ数日の動きを見てもいつもと変わりません。
(有料ダウンロードが増え、払い戻しが増えているくらい。間違って有料購入されたのでしょうが。)

とまあ売り上げは未知数ですが、レビューをいただく確率は増えるでしょうし、この本を買った人は~に載ることは露出アップに繋がるし、
もっというなら、
読者からの反応がないと八槻がやる気を出さないので、そう言った意味でも、N-angou文庫はプライムリーディングに参加することにしました。

ちなみに、打診を受けたのは八槻翔の作品のみで、「トキシック」の小手川小鞠に関してはありませんでしたので、ご理解いただければ。
ならびに、「魔女の大暗号」のプライムリーディング入りのお話もあったのですが、生意気にも辞退しました。

上にも書いているとおり、売り上げに直結するかどうかは分からないし、下がるかもしれないし、保険を打って、新作はプロテクトしました。
(プライムリーディングのラインナップにはなりませんので、キンドルアンリミテッドで読まれるか有料での購入、それか数カ月に一度行なっている無料キャンペーンをお待ちください。)


ですので、KDPセレクトに登録しているからといって勝手にプライムリーディングにいれられるってことはないです。きちんと説明(機密事項)があり、参加の有無を尋ねられます。この作品はオッケーだけどこの作品は申し訳ございませんが……、とできます。



プライムリーディング参加が吉と出ればいいのだけど…


新キャラ紹介……

以前、新キャラ紹介をすると南郷は告知してましたが、
やめてくれと八槻から。

どうもまだ変わる可能性があるとのことなので、キャラクターの紹介は完成まで見送ることにします


よろしくお願いいたします。

魔王城殺人事件発売延期のお知らせ

どうも南郷です。

うすうす感じられていたとは思いますが、
八槻翔の新作「魔王城殺人事件」の発売を延期します。

早い段階でわかっていたので、ブログに書こう書こうと思っていたんですが、南郷も忙しくて遅れてしまいました。申し訳ございません。

八槻の親類に立て続けに不幸があったらしく、執筆の時間がとれないとのこと。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

現状、三分の二は進んでおりますので、落ち着けばすぐに完成するかと思います。





魔王城殺人事件の表紙のお披露目

ども南郷です。

魔王城殺人事件の表紙を、はぎやさまに作ってもらったのでお披露目します。

魔王城殺人事件.jpg

前作は美少女のパーシヴァルが剣を持ってましたが
今作はイケメンの魔王が刀を構えていますね。
すてきな出来上がりです!!


とまあ、魔王城殺人事件は完成のめどは立っていないんですけど、いちおう八月末の発売を予定してます。

南郷のアイデアが初めて採用されたりして、ちょっと誇らしさもあります。ゲームなら南郷もやってますからねえ。



【定期】N-angou文庫の今月の売り上げ

えー、8月になってしまいました。
やばいです。新作発表できるのか。


南郷は待つだけなのので、
先月の売り上げでも貼っておきます。

2017年7月の売り上げ.png

一時はどうなることかとおもいましたが、けっこういい数字。
レビューはオカルトトリックに一つ増えたのかな。ありがとうございます。

ライトノベル版京極夏彦ですか。
南郷もそんな印象を持っていますし、現に八槻は京極夏彦が大好きだったはず。
まあ多かれ少なかれ影響を受けているんじゃなかろうか。
もうひとつ、中島らも「ガダラの豚」という作品を読んでインスピレーションが湧いたともいってましたが、間違いなく根底には京極夏彦があるんでしょうね。

とまあ、新作「魔王城殺人事件」今月末の発売目指して鋭意制作中です。
これは何に影響を受けているのか分かりませんが。

天空城殺人事件は、
本格ミステリだったり新本格あたりのクロードミステリというジャンルだったと思いますが、

魔王城殺人事件は、
おそらく南郷の読んだ感触では安楽椅子探偵もの。かもしれない。
魔王が各地の事件の報告を受けて推理するというシステム。
違ったら八槻に怒られるかも。

そうそう。もうプロットからかなり逸脱しているので(知らんキャラがいたり、いない奴がいて、いるはずのキャラがいないなどなど)、結末は南郷にもわかりません。

それから、登場人物がいくらか増えているので、
簡単な紹介をこれから週一くらいでこのブログでしようかなと思います。
よろしくお願いします。


24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ