『朧月』すべりだしとか

ども南郷です


無料キャンペーンなしということでちょっと怖くもあった『朧月』ですが、二日で有料5冊、うちでは一番いい滑り出しです。


さっそくレビューがついてました。ありがとうございます。

心に刺さりました。体が震えました。なんていうか、南郷の気持ちの代弁を、してくださっているような気になりました。このレビューアーさんと同じ気持ちです。

読後感のよい爽やかな作品。優しさに溢れた作品、キャラクターが好きになれる作、そうゆうのが南郷も読みたいのですが、八槻翔ももう30。順風満帆だった二十代前半のときとはおそらくちがくて。。。


正直に言います。南郷はオカルトトリック以外の作品はそんなに好きじゃありません。(怒られるかも)。天空城殺人事件も面白いし売れると思ったけど、好きじゃない。その続編も。魔女の大暗号、雷鳴館の殺人、サイレンサード、今作朧月も


そろそろ手伝うのもしんどくなってきました。。。というか、一年くらい前から。もともと南郷は小説を読まない人なので、同じ小説を何度もなんども読むのはきついです。
でも、可愛いキャラクター。応援したくなるキャラクター。これがあればいい。リアリティがなくてもいい。それだけで読み進めるスピードが全然違う。人の暗い所じゃなくて優しいところも書いてほしいなあと。そこも長所だと思うので。むしろ暗部はいらない、世の中に溢れ変えてるので(※南郷の考え)

まあ、そんなこんなです。

でもでも、朧月のレビューは星五をいただきましたでしたので、まだの方は、ぜひぜひ


南郷






この記事へのコメント

24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ