『朧月』、無料キャンペーンしないってよ

ども南郷です。

『朧月』もそろそろ佳境です。というか、あとは出すだけの所まできました。意外に早い。校正も、商品説明も、インタビュー記事も終わったし(当日にアップ)。

えー、今回は、無料キャンペーンをしない方向でいこうと思います。今作は、八槻の意向が強く反映されていて、表紙もそうだし、内容も値段も。270円で販売します。読まれる場合、KU(読み放題サービス)がキャンペーンやってみるみたいなんでそっちの方がお得かと。


無料キャンペーンについて。オカルトトリックや天空城殺人事件のときは、無料キャンペーンの恩恵が凄まじくて必須じゃん!と思いましたが、最近は???なので、ちょっとどういう違いがあるのかを見てみたい。効果がないとはいいませんが、薄れているんじゃないかなって。これは南郷はずっと思っていたので、本人が無料キャンペーンしないと強く希望したので、今作は無料キャンペーンしません。すんません。(本人が無料キャンペーンしたくない理由は、インタビューで語ります。)

下手すれば、まったく数字が動かないことも予想されるわけですが、それでも未来永劫しません。お金を払った方が馬鹿を見るのはさけたい。。けっこうな博打ですよ

とまあ、表紙にお金をかけなかったのはこういうことなんです。売れない場合に被害を最小限に抑えたいと。

ちなみに、短編集はどうでしょうかね。評価に難しい。南郷は、冷感少女、オカルトトリック、チェックメイト!が好きです。どれも高校生の話ですね、あとラノベチック。

でわでわ。発売までもう少少お待ちを

この記事へのコメント

24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ