雷鳴館の殺人にレビュー

雷鳴館の殺人にレビューがつきました。

雷鳴館の殺人 (N-angou文庫) -
雷鳴館の殺人 (N-angou文庫) -

酷評じゃなくて安心しました。



今更だけど、八槻はすごいなと南郷は思うわけですよ。
もっと自信を持って良いし、たまには褒めてあげないとね。

そもそもライトノベルの新人賞を受賞をしているわけだし、
聞けば500作くらいから選ばれているらしいし。

同時期に応募していた天空城殺人事件だって、
最終選考に残って編集者がついて出版を目指していたわけだし。
まあ、精神衰弱でやめちゃったのはどうかと思うけど。
(詳しくは御伽野さんのところの寄稿で。)

そんでKDP参戦一年もせずに書籍化のお話をいただける。
うん、すごい。
ランキングに目を向ければ、
ファンタジーカテゴリという名のKDPカテゴリの上位をずっと独占してるし。
すごいぞー
すごいぞー
ちょーすごいぞー


おっと、、告知しいましたが来月の頭から

「天空城殺人事件~もしRPGの世界で~①」の値上げをいたします。

どうぞよろしくお願いします。

この記事へのコメント

24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ