【無料配布】雷鳴館の殺人の発売

「そういえばさ、文体ってなに?」と南郷が電話でたずねると、
「わからん」って八槻は即答した。
これ絶対説明するのがめんどいだけのやつやん。と南郷は思った。(しょうせつ風)

まじなはなしです。文体ってなんでしょうね。
文章の雰囲気という解釈であっているんでしょうか。まあ、南郷にあまり関係ない話ですが。

さて。ようやくようやく「雷鳴館の殺人」が発売です。
南郷のミスミスの連続で送れてしまいました。
本当は先月の28日に出したかったんですが、手続きに手間取りまして。
(いいたいことは色々とありますがまあいいでしょう)

ただ、その後、一万字!も増えているので、作品の完成度は上がったんじゃないでしょうかね。
というか結局200枚近くになっているので、これなら99円で売ってもよかったんじゃないかと南郷は思います。

いちおう期限付きで、二月末までは無料と言うことにします。
値段をつけるときはあらためてお知らせします。

雷鳴館の殺人 (N-angou文庫) -
雷鳴館の殺人 (N-angou文庫) -

雷鳴館の殺人
四鳴館の殺人のまずは一作目。(二作目は、海鳴館の殺人というらしい(仮)とついてたので変わるかも。)
無料ですのでぜひダウンロードして、犯人あてを楽しんでみてください。

王道と言えば、王道だし。古典的と言えば古典的。
今作は八槻らしくなくあまりキャラが濃くありませんが、

逆にライトノベルとかに拒絶反応あって、
今まで八槻翔の作品を読んでいなかった方にちょうどいいのかもしれないと南郷は思ったり。

ただ、あまり他の作品に流れてくれると言うことは考えにくいかなと。
雷鳴館の殺人から、オカルトトリック、天空城殺人事件というのはあまりないだろうなと思ってますが。
まあ、短編集の一作目なので。お試し版といった感じでしょうかね。

雷鳴館の殺人は、四鳴館の殺人の第一話という位置づけですが、
2018年末までになんとかあと三話かいてもらって発表したいものです。(予定ではなく願望)
表紙を発注して、250円くらいで売り出そうと思ってます。


でわでわ
「雷鳴館の殺人」をよんで、
の犯人とトリックをあてて、なおかつ誰かに言いたくてしょうがない場合は
こっそりと南郷の方にDMでもください。




この記事へのコメント

24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ