なんかいろいろと

最近売り上げ悪いなあと思っていたら、
魔王城殺人事件がファンタジー・ホラーランキングの5位にいました。
(KENPがよいわけじゃない)
有料販売数はそこそこいいようです。

今日.png

無念ですが天空城殺人事件が1位から陥落してますが、オカルトトリックも3位で、うちの作品がこのカテゴリではトップ5に三作ランクイン。
トップスリー独占なんていうのがあれば最高ですが。

可能性があるとすれば、プライムリーディング期間中に例の発表ができたらというところでしょうかね。今月末くらいが可能性大。

そうそう。
先日、八槻から連絡があり、今のところ無事に進んでいるようです。
ついでに、オカルトトリックのスピンオフのタイトルも決定したとのこと。
(発売時期は来年の三月以降おそらく六月頃。)

「オカルトトリック Smoke and Mirrors」
だそうです。

そんで、もしRシリーズ三作目は、
「地底城殺人事件 ~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。~」
とのこと。当初の予定では海底神殿殺人事件の方だったのですが、「城」は統一しようということでこうなりました。いくらかのアイデアはあるようです。
南郷も年末年始にドラクエをして使えそうなアイデアを探そうと思ってます。

それから、実は一つ暖めている企画というか、小説がありまして、
八槻の処女作なんですが、これをなんとか手直しして出せないかと思ってます。

文章と後半の酷い展開さえ書き直せば、今まで一番面白い作品になるんじゃないかと南郷は思ってて、
ただ八槻が改善策がないみたいなことを言っているので、なんとか南郷がそのアイデアをだせればなと、あれこれ考えています。ようやく編集者っぽいことやってるかも。違うかも。
とにかくキャラクターが強烈。ラノベっぽくはないけど強烈。
というか彼女が八槻作品の根幹なんじゃないかと思うくらいで。

タイトルだけは変わらないので先に発表。
「夜だけが知っている」
ライトノベルではなく、一般小説。ホラーチックでサスペンスより。
表紙の発注をかけるのは、企画がある程度まとまってからでしょうかね。無駄になりかねないので。


この記事へのコメント

24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ