無料キャンペーンについて

現在全作無料キャンペーン中ですが、

いつものようにKENPが伸びてます(ややのび)。嬉しい。

無料配布の効果はやはりこれが一番で、

おそらく無料キャンペーンが終わってもいくらかは残っているんじゃないかなと。

どうやら好調なのはオカルトトリック。天空城殺人事件の1.2倍くらいはダウンロードされるかと。

魔女の大暗号も結構いい出足。こちらは電書ちゃん さんにお願いしたのが大きい。いつも本当にありがとうございます。

八槻翔の三作品は結構いいみたいね、文学の無料ランキングで三作とも30以内に入ってる。
小手川小鞠のトキシックも悪くはない。

ダウンロードされたかたありがとうございます!


そんで、オカルトトリックのシーンとかを思い出して読み返したんだけど、

やっぱり南郷はオカルトトリックが一番好きだな。

魔女の大暗号はちょっと小難しくて、読むのも体力を使う、コーヒーとチョコレートがいる。おもしろいけどきっと万人受けはしない。

でオカルトトリックだけど、

オカルトトリック (N-angou文庫) -
オカルトトリック (N-angou文庫) -

ライトノベルと一般の中間。八槻がライトノベルから一般向けのものに書くものをかえたちょうど転換点の作品だと南郷は勝手に思ってます。

ライトノベル要素と一般向けの要素が上手く馴染んではいないけれど、上滑りしているような場面や台詞があるけど、瞬間瞬間に切れ味があって物語に飲まれたりする。

単純にキャラクターがいい。主人公の禅くんと凛ちゃん。この二人は最高の関係で南郷のお気に入りです。

続きがあるなら読みたいけど、きっと八槻は書かないでしょう。書いても同じ雰囲気を出せるか。魔女の大暗号くらいかったくるしくなると、それまた別の作品だし。

とまあオカルトトリックを読んでから天空城殺人事件、特に魔女の大暗号だと読者の人もちょっと肩すかしみたいにならんかしら。




あ、まだまだ無料キャンペーン中ですよ

ゴールデンウィーク暇があるならばぜひダウンロードされたし!

飛びます

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449454385

この記事へのトラックバック

24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ