口癖

八槻の口癖があって、

「あるいは」というワードをほんとによく使う。

南郷「飯食いに行こう。何が良い?」八槻「寿司……、あるいは焼き肉」

南郷「このシーン、わかりにくくない?」八槻「キャラを減らすか……、あるいはカットするか……」

こんな感じでよく使う。

「といっても」もよく使う。

で、その八槻の口癖が小説内でも頻出するのよ

面白いね。

おそらく作家というものはそういう生き物なんでしょうけど。

ただ八槻の性格と似ているキャラクターは小説内に登場しないのよね。

不思議。

自分は描きたくないのかな。

わからんけど。



以下宣伝ぺたり



もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。 (N-angou文庫) -
もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。 (N-angou文庫) - オカルトトリック (N-angou文庫) -
オカルトトリック (N-angou文庫) - トキシック 分冊版 第一話「ロンリー」 トキシック分冊版 (N-angou文庫) -
トキシック 分冊版 第一話「ロンリー」 トキシック分冊版 (N-angou文庫) - トキシック 完全版 (N-angou文庫) -
トキシック 完全版 (N-angou文庫) -

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446296288

この記事へのトラックバック

24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ