アンソロジーとやらをやってみようかと

どもN-angou文庫の南郷です。

タイトルの通り、

色んな作家さんが小説を寄稿しあうアンソロジー小説を出せないかなと思っていて

なんといってもN-angou文庫は圧倒的にコンテンツ不足ですから

どげんかせんといかんというわけなんですよ、はい

ラインナップの追加という意味でも

作家さんを集めるという意味でも

その輪を通じてお互いの作品を知ってもらうということもあるだろうし

いいんじゃないかな

メリットはそれくらいしかないけど

まず利益を分配にはできないよね、

ひとり百円にも満たないなんてことは余裕であるだろうし、

表紙を外注すれば赤字と言うこともあるし
(むしろ濃厚)

まあともかく

うちの八槻と小手川(作風は違うけど)

それからTwitterで姉崎さんが参加の意思を表明してくれています

アンソロジーについては

近いうちにTwitterと公式サイトに詳細を書きます

何か質問や意見等があればここのコメント欄にでも遠慮なく書き殴ってください

でわでわ

この記事へのコメント

24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ