じゃがりこたべたい

ども南郷です。
じゃがりこたべたいです。

えー、もう6月の半分が過ぎました。今月の待つに予定していた短編集ですが、はたいして間に合うのか

チェックメイト!
ペインキラー
路地裏の王
冷感少女
の四作はもう校正してもいいとのことです。ただ、やるきが出ない。もう三時。こつこつするしかないんでしょうが多いっす。同じ分量の長編より短編いくつかのほうがやっかいですね

オカルトトリック
クロスドミナンス
インダストリアル
のみっつは難航中らしいです。南郷の手元に来てません。まあ、この三作は難しいだろうなと。遅れるのも予想どおりです。

というかですよ、仮に今日全ての原稿をもらってもあと半月で校正やらなんやら終わるきがしない。。

けど、七月の上旬は南郷は仕事で忙しいんです出張やらなんやらで。へたすると、七月の中旬くらいまでずれ込むかもしれません

まあ誰からも怒られないからそれもでいいと思いますが


プライムカインの方は無料です

南郷

朧月

ども南郷です。
新作の短編集の表紙を公開。

まあ、色々ありまして、まさかのタイトル変更です。まあ発売はまだなので。

えー、まず表紙づくりを「インダストリアル」でやってみたらちょっと変でした。八槻も違うと。長いしカタカナだから。南郷の能力ではこのタイトルは無理。

ということで、漢字のタイトルで、と思ったんですが、路地裏の王と冷感少女しかありませんです。表題作にするのは作品的にちょっとなあってことで、ここで前提から変えていこうと。表題作は取らない。短編集「朧月」として出すことにしました。もう変わらないはず。

表題作を取りたかった大きな理由として、ジャンルがバラバラで、八槻翔が作者であるという意外に共通点がないので、つけにくいというのがあったんですが、根底に流れる要素というのか、雰囲気が同じなんですね。暗いんです。なので八編を包括するような要素は何か?というのを相談しまして。それをタイトルにしようと。南郷は「暗黒」というタイトル案をすぐに出しました。ですが、ノワール?が暗黒小説と呼ばれててそれと勘違いされるかもしれないということで、暗黒は落選。もう一つ、作品の雰囲気、掴み所のない感じ、夜、月、

まあ、色々あって短編集「朧月」となりました。ちょっと硬派すぎる気もするけど。南郷的には朧という漢字がすき

ということで短編集は「〇月」シリーズとしましょう。でるかは全くの未定です。。。





おぼろつき.png






ペインキラーとチェックメイト!のふたつは最終原稿をもらったので校正をちょっくらやっときます。
でわでわ

八分の八 「インダストリアル」

ども南郷です。


八編揃いましたよ。


最後の短編のタイトルは、

『インダストリアル』

ジャンルは、青春ミステリかスリラーかってところでしょうか。大学の文芸サークルが舞台です。


タイトルの名前だけ聞いたときは、インダストリアル家具とかインダストリアルミュージックとかの「工業的」という意味かと思ったんですが、ピアスの開け方?のことをいうらしいですね。検索しても上位に来る。二つ以上の穴を身体に開けて、ひとつのピアスで通す。


とまあ、「インダストリアル」は作中作という形式になっていて、前編と後半で書き手がかわります。作中ではリレー小説というふうに説明されていますが、穴を開けて無理やり物語を通すという意味でたぶんこのタイトルに。

まあとにかく、最後の作品が届きました。


で、これを表題作にします。

順番も南郷が決めました。途中離脱をなるべくさけて全部読んでもらえるように。電子書籍なんですぐに目次で読みたい短編にも飛ぶことはできますが。




目次

1.  インダストリアル(スリラー ミステリ 作中作)
2.  ペインキラー(サイコホラー)
3.  路地裏の王(現代ファンタジー)
4.  冷感少女(ホラー ショートショート)
5.  クロスドミナンス(サイコミステリ)
6.  ペンパル ~嘘のパーセンテージ(恋愛)
7.  《特別短編》 オカルトトリック Sugar the Pill(ライトノベル 青春)
8.《蔵出し短編》 チェックメイト! ~葉月学園陸上部 密室盗難事件編2013(青春ミステリ・ライトノベル)


()内はどうしますかねー、ジャンルもわからずによむのは苦痛じゃないかなあと思って。くどいかな?
読了目安時間てきなものも入れようかなあともおもってます。
あと、作品紹介的な前書き、も書いてもらおうかなと思っていて。
発売までにかんげます



さてと。今月末までに出せれば御の字でしょうかね。ほとんど手がかからないものもあれば、大手術が必要な物もあるんじゃないかなと

南郷は表紙に作りに入ります。来週くらいにお見せできるかと。

でわでわ
南郷

表紙の練習をさらしみる(暇人)

ども南郷です。

ちょっくら、表紙の作成をやってます。

名称未設定.png

今回はイラストなしでいこうということなので、フォントだけでそれっぽく。
けっこう良い感じじゃないですか? 
これはあくまで練習ですが。冷感少女は掌編ですし表題作としては難しい。

まだタイトルは未定ですのでさわりだけ。背景も欲しいし。でもフォントだけでもいいかんじになることがわかって収穫です。一太郎にはいっていた秀英明朝体です。

今回の短編集はこんなかんじでいこうかなぁと。最後の一作が来てから表題作を決定して、表紙作りにはいります。
でわでわ

八分の七

ども南郷です。

三日連続更新。

短編集の七作目がやってきました。タイトルは「冷感少女」
もしやすでに書いてたのか?と思いきや今日の午前中に書いたそうです。
いやいやそんなことってあるのか?と思いながら読んでみると、これショートショートやんけ!
3000字です。他の短編の十分の一。

ジャンルはホラーかな。ミステリかもしれない。

ただこんな文字数でしっかりと物語を完成させる作家のすごみというのを感じました。長く書くのではなく、短く書く。そいでそいで、必要な情報だけ。
南郷にわからないけどそうとうなスキルがいるのでは?正直南郷は短編集の中で一番好きです。オカルトトリックよりも。オカルトトリックも面白いけど。これは鮮やか。

短編集も残り一作です。そろそろタイトルと表紙をなんとかせねば。掲載順番も。まだなんも決まってない。。。

表題作はこの「冷感少女」でも悪くないかな。興奮が冷めてからまたかんがえますが

八分の六

ども南郷です。

二日連続更新。


短編集がまた進みました。前々から話には聞いていたんですが無事に原稿データをうけとりました。
「チェックメイト! 密室盗難事件編」です。

(いるのかわかんないけど)このブログの読者や短編集を楽しみに待っている方でも初耳でしょう。先に発表した目次にはなかった作品です。
蔵出しです。南郷のパソコンにもあるんですが、最終更新日はなんと2013年。ミステリ初挑戦作品だそうです。

ですので、これは初稿ではなく完成品。三万二千字くらい


内容は、高校のチェス部が舞台の青春ミステリです。短編連作で全部で四編あるんですがそのうちの一編を短編集に組み込みます。まあ、おまけみたいなものですね。やつきの初期の作品が読みたい方へという感じで

やつきの小説では、禅「くん」とか、子「ども」、友「だち」はひらがなでひらいてるのが特徴なんですが、このチェックメイト!は全部逆。~君、子供、友達って感じで、そこはすごく違和感を感じました。「俺」はひらがなで「おれ」でしたし。短編集ですが他のさくひんと統一せずにいこうかなと思います。あと、台詞が
改行とかか独特で。文章自体はそんなにいまと変わらないかなと思いましたが。

まあそんなこんです

これで六作品。残り二作ですが、南郷も何を書くのか分かりません。ちなみ、SF作品「47」は白紙に。時間が足りないとのことで。また別の機会にでも。その代わりに、チェックメイト!を追加するという感じです


でわでわ~

八分の五

ども南郷です。

新作の短編集の五作目が来ました。「オカルトトリック sugar the pill」です。短編集の目玉的な位置づけのやつですね。なかなかこなかったのでちょっと心配していたんですけど、よかったです。

容量が大きいなと思って開いて確認すると、5万字オーバーしてるんですけど。。。一万字くらい追加するとも言っていますし、これは短編集にいれもていい分量なのか?とも思いますが。
本編は一話六万字くらいなので、同じくらいですかね。


読んでみた感想を少し。かなり厳しい執筆だったらしいんですが、読んでみた限り全然どこに苦労したかわからない。すーと読めました。奇麗にプロットを作って書いたみたいな感じで。複線の改修も見事。凛ちゃんも禅くんも成長していてそれがいい。新キャラのキャラが中なかつかめずだったのでここはもっと掘り下げるなど要修正依頼を出して、南郷はまた待ちます。素直に面白かったですよ。でも、もっと面白くできると思う。うん。待ちます。


そうそう。終盤?中盤?で、オカルトトリックシリーズの最大の謎が明かされ……

まだまだ書き直すでしょうから、あまり本編には触れずにいきましょう。

ちなみに、今回の舞台は臨海学校ですね。ポルターガイスト、ドッペルゲンガー、神隠し。こんなオカルト要素と三角関係とかの要素とか。



短編集もあと三つですね。6月末の発売はぎり行けるかなと。


でわでわ南郷でした

短編集 進捗など

ども南郷です。

5編目に来て、執筆中の短編集ちょっと難航してるようです。音沙汰なしという怖い状況で。。。6月待つまでにいけるかちょっと微妙なラインですね。

オカルトトリックの短編に入っているようですが、相談のあったのは、掌編で行くか中編で行くか悩んでいるとだけだったので、状況はよくわかりませんし、南郷にできることはなしなのでやってくるのを待ちます。禅くんが主人公で、ドッペルゲンガーとかポルターガイストとかが題材のようです。




まあ、そんなこんなです。

カテゴリが面倒くさい

ども南郷です


えー、ここ最近はカテゴリに悩まされますね。というかいつもか。

オカルトトリック、ライトノベル以外のカテゴリが連絡もなしにいきなり消えたやつの返事が来ました。


以下、お返事。
現在の仕様では、「ライトノベル」と「文学・評論」に連なるカテゴリーを同時に登録することができません。

「SF・ホラー・ファンタジー」ならびに「ミステリー・サスペンス・ハードボイルド」は、いずれも「文学・評論」に連なるカテゴリーであるため、「ライトノベル」と同時にカテゴリーを登録することができませんことを何卒ご了承ください。

仮に「SF・ホラー・ファンタジー」ならびに「ミステリー・サスペンス・ハードボイルド」の復活を強くご要望の場合には、手続きとして、「ライトノベル」の削除が必要となります。

仕様のためご要望に沿うことができずご不便をおかけしますが、「ライトノベル」を削除して「文学・評論」に連なるカテゴリーの復活をご希望の場合にはこのEメールに直接返信する形式でお知らせください。


両方登録できないのは分かっていたけど、仕様が変わる前のものはそのままだったのに、ここにきていきなり削除です。どうせならライトノベルの方を消してくれればいいのに。というか消すなら連絡寄越せよと。露出減って損害が出た分を補償してくれんのかって話ですよ


ライトノベルにいても露出は見込めませんし、キンドルはラノベ弱いので、ライトノベルを削除するということになりますかね。

ちなみに、ライトノベルに登録している他の作品でライトノベルの他にどんなカテゴリにしているのかは、「文庫」。HJ文庫とか
これはずるい。
うちもn-angou文庫にしておけば、常にどの作品かに「ベストセラー」の称号をもらえるってことですよ。カテゴリ「n-angou文庫」の新設を要求します。もちろん冗談ですが。。せめて「KDP作品」みたいなカテゴリはあっても良いと思う。ライトノベルに登録したら、他に登録できるカテゴリがないし



まあ、そんなこんなです。
カテゴリは面倒くさい。マジめんどくさい。初期入力のところで選択したカテゴリをそのまま反映してくれればいいのに。もう三年もこのままだからきっと変わらないでしょうね。
lineノベルが良い感じだったらそっちに移行も考えるレベル

24時間の人気記事

先週の人気記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

過去ログ